【SKE48】mateでの埋め立ての消し方教えて

7pt   2017-01-12 03:47
SKE48まとめ速報

26847の素敵な(アメリカ合衆国)@\(^o^)/2017/01/12(木) 01:09:00.34.net
東京都の小池百合子知事(64)が2日の定例会見、

 会見開始から35分すぎ。小池知事の表情がみるみる硬くなった。結論を12月下旬まで先送りしたバレーボール会場について、
ある記者が「見直しを検討されてきた2施設について、他の施設に移すことができなかった。

横浜案にも難しい状況にある。『大山鳴動して鼠(ねずみ)一匹』と言いますか…」と切り出すと、

知事は「ちょっと、それは失礼なんじゃないですか」と制止。記者は「あっ…ご苦労もあったとは思いますが」と言い直し、
「横浜が難しいとなれば、知事としてはある種の瑕疵となるのでは?」と聞いた。

 これに対し、小池知事は「それは当たりませんね(見直しは)いかにサステーナブルであるかを追及した。
お金の部分で言えば、(これまでに)2000億円削られたという方もおりますけど、そこからさらに削った部分があって、
その部分を見過ごしてらしたのではないか」とピシャリ。

「このまま行くと、豊洲のようにどんどん膨らんでいたと思いますね。誰が歯止めをかけるんですか。
IOCでしょうか、組織委員会でしょうか? 結局は都民の皆様に費用の負担がかかるということで、
都に責任ある人が、そのことをしなければならなかった」とたたみかけた。

 静まり返る記者室。五輪3競技会場見直しで、組織委や国内外の競技団体からの反発を受け、
思うように進展しない現状を憂うように「鼠どころか、大きな黒い頭の鼠がたくさんいること分かったじゃないですか。
入札の方式はどうなのか。これから頭の黒い鼠をどんどん探していきたい。

むしろ、ジャーナリズムでそちらの研究をされてはどうでしょうか」と最後まで気持ちがおさまらない様子だった。

 ちなみに「大山鳴動して鼠一匹」とはことわざで、大騒ぎした割りには、実際には結果が小さいことの意。

豊洲市場(東京都江東区)の主要建物下に盛り土がされなかった問題などを集中的に審議する都議会の「豊洲市場移転問題特別委員会」が2日、開かれた。
都側は盛り土がなくても土壌汚染対策や構造上の安全対策は十分に講じていると説明。「主要な建物の構造部分で新たな工事は発生しない」との見解を示した。

その上で、対策への評価は、安全性の検討を続ける外部有識者の「専門家会議」と「市場問題プロジェクトチーム(PT)」が行うとした。
PTでは「耐震性に問題はない」とする意見でまとまっている。

都議からは「盛り土がされなくても安全性は保たれるのか」という趣旨の質問が相次いだ。
都の担当者は「盛り土は安全の上に安心を積み重ねるための対策だった」と説明。
「土壌汚染対策は食の安心のため法律を上回る高いレベルで実施した。(耐震性について)構造上の安全性も確認している」と述べた。

小池百合子都知事が公表した移転に向けた工程表(ロードマップ)では、来年1月の地下水モニタリング調査結果の公表後、同年4、5月に専門家会議やPTが
安全性などに関する報告書を示すとしている。小池氏はこれらを受けて、早くて来夏に移転の可否を判断。移転時期は早くて来冬との見解を示している。

トイレメーカーなどで作る団体が大規模地震に備えて「災害用トイレ」の備蓄について全国の1000世帯にアンケート調査したところ、
「備蓄していない」という回答が8割以上に上り、団体は、首都直下地震が想定される中、各家庭で数日間は対応できる分を備蓄するよう呼びかけています。

国は、大規模地震による断水や下水道の損壊でトイレが使えなくなった場合、袋に凝固剤や脱臭剤が入り、便座にかけて使用するなどの「災害用トイレ」を家庭や企業で備蓄するよう呼びかけています。

トイレメーカーなどで作る「日本トイレ協会」は、災害用トイレの家庭での備蓄についてインターネットによるアンケート調査を行い、全国の1000世帯から回答を得ました。
略幔自典色動捨通 c?ro=1&act=rss&output=no&id=6508346&name
   48lteアンテナトップページへ
の話題が沢山。